FC2ブログ

土地がどうの

あまりにもどうでもいい話を書いておこうと思った


ついに五年生が終わって六年生になってしまう。いや留年してるから大学生7年目を残念ながら迎える…

そして今の場所に越してきて7年目にもう直ぐなるけど、正直早く引っ越したい(真顔)


自分はデリケートな人間では全く無いけど、本当に「(ドン引き)」と引くことが多かった。
多分F岡県の市内とはだいぶガラが違うので仕方なし。市内の方だったら…と多分百万回は思った。空港近いし。



ということで卒業したら福岡県には二度と戻ってこないと思いたい。


でも九州という括りでみると住むことでちょこちょこ近くに出かけられたのが良かった。

鹿児島、宮崎、熊本、長崎、大分で食べたものを思い出すととりあえず美味しい。(佐賀ごめん)
宮崎で食べた鶏は激うまだったし、鹿児島、大分で食べた寿司は激うまだったし、長﨑で食べた刺身もうまかった。熊本は色々食べたので思い出せないけどラーメンも鶏も美味しかった。

福岡でもたっくさん美味しいもの食べたなあと。
もつ鍋、水炊き(これは高いとこ行ったけどまじでうまかった)、家からすぐ行って食べれるマグロ丼・海鮮丼・刺身定食たち、おしゃれに天神でパンケーキとかフレンチトースト食べた事もあったっけ…


関東に戻ってもきっと海鮮丼とか刺身定食とか気軽に食べられたもんじゃない…




地元の友達の多くは九州に来たことがないし、多分関東の人とかそれより北の人たちは九州に行くなんて発想に至らないと思うんだけど、是非来て欲しいなあとよく思います。



自分は小~中学生のときに結構連れて行ってもらって、その中でも印象的だったのが東北地方だったような。
大潟村のカボチャパイ、ちょっとお高そうな料亭で食べたきりたんぽ鍋、ぱっと思いつくのはそれくらいだけど。


東北地方も関西より西の人は結構行ったことないっていうんですよね。そりゃそうかってなるんですが、東北自分はまためぐりたいなあと真剣に思います。あと青森県で制覇なのでとりあえず青森ファーストで





旅行の話を書いたのは、あと青森、富山、和歌山、高知、島根、鳥取に行って47都道府県を制覇するのが学生生活での目標である(最近決めた)からです。和歌山は行く予定立ったので、GWの高知(マイル高い)を今狙ってる真っ最中。




土日休みの職に就く予定ではないので、こんなに知らない土地に思いを馳せることができるのもあと少しか…と思うと悲しい。
スポンサーサイト
2019-02-18 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Twitterとの生活

何故ツイッターを始めたかというと…

『セイクリッドセブン』というアニメにドはまりした自分は色々ネットで検索しているうちに、
「ツイッターしたらファンの人と交流できる…!」という発想に至ったからでした。


正直Twitterのない生活は考えらない!という位にTwitter大好き人間です。の割に呟きませんが


アカウント作成時はまだガラケーだったので深夜にコソコソ親のPCでツイッターを開く位だったのですが、スマホに変えてからはもう家にいる間はずーっと見てました。これが高2の秋くらい。

高3の4月に、遂に親に色々ばれてスマホが解約されるという小事件が起こり…ここでツイッターを休むか!と思いきや。ガラケーにjigtwiを入れて、複数垢切り替えがめちゃくちゃ面倒な状況で大学合格までツイッターを続けました。PSPったーというものが当時ありまして(今あるのか?)家ではそれを使ったり。高校生のときは色々な人と交流するのが楽しかったので(リアルがやばかったわけではない)…というか主に勉強からの逃避で、それはそれは、とにかくものすごい執念でTwitterをやっていた。今思うと引くくらいに





という位にTwitterが大好きマンなので、今回のUserstream廃止が悲しいという話です。

自分は公式アプリがマシ(時系列順に表示、かつ他人のふぁぼを表示する機能がない)だった頃から容量がクソ食う関係でクライアントにお世話になってきました。
今現在は、Android→「beeter」、iPad→「Tweetbot」、PC→「Janetter」なんですが、

長い事お世話になったのが「Tweetcaster」、その他「Tweecha」、「TwitPal」、「Seesmic」、「jigtwi」、「twicca」、「ツイタマ」、「モバツイ」、「Twidere」、「Plume」…自分の拘りポイントに合ったクライアントを探しまくってました。
「jigtwi」はガラケー時代に超お世話になったし気にいってたのですが、いつまでも複数画像に対応しないのでサヨナラした記憶。「Tweetcaster」は数年使ったもののやや重いのと外国感が強くて、今使ってる「beeter」が最強なのでお別れしました。

Userstreamといえば今使ってる「Janetter」以外にも、「アカイトリ」、「Sobacha」でお世話になりました。アカイトリ使ってたの高校生の時なのでまだあって感動してます




Userstreamはいち早く反応できるのが本当に良かったし、自分にとってはこれが当たり前の生活だったので

「なんて不便なんだろう!」

とこの数日で実感してます。

音楽界隈は当たり前ですが、ライブ最中にリアルタイムでツイートする人は存在しないのでまだいいんです。

しかしスケート界隈は…ライストみながら色々なツイート見て、ふぁぼったり、RTしたり、時にはツッコミ入れたり…これが出来ないのは本当に無理でした(つい昨日思った)
スポーツ見てる時はやっぱりリアルタイムじゃないと…



自分はTwitter社の人間でもないし、アプリ開発者でもないし、システムに詳しい人間でもないので詳しいことは本当に1ミリも理解してませんが、

自分は帰宅して落ち着いた頃にJanetter開きながらぼーっとネット見る生活が大好きなだけなんですが、




なんでこうなってしまったのか…




そもそもTwitter公式は「他人のふぁぼをTLに表示する」というトンデモクソ仕様を導入したり、表示がごちゃごちゃになったりと、誰得なアップデートをしてきたので、色々不満に思ってる人は居たのかなーとは思うんですが、

何がこうさせてるんでしょうか????Userstreamは過負荷になるとかそういうことだろうな~位には考えてますが





なんやかんや言いましたが、今後もTwitterにはお世話になります。
Janetterにお別れするのが本当に辛くて辛くて仕方ありませんが、さきほどブラウザ版TweetDeck始めました。泣きたい。でもほぼリアルタイム更新という感じで非常に助かります。泣ける。








レポートは停滞しているくせに、Twitterについてはこんなしょうもない文章すらすら書けたので、やっぱりTwitterが人を動かす力すごいですね!!!
2018-08-24 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

全く趣味ではないお話

長らくツイッターをやってきましたが、趣味でも何でもない自分の話をツイッターに書く、というのが とても苦手 でして、たまには誰も見ないであろうブログに書き留めておこうと思います。






某私立医科大学が大変世間を騒がせていることに大変興味がわきました。
正直「コネで点数をあげていた」というニュースにも、「女子学生、多浪生に不利なシステムの下試験を行っていた」という続報にも全く驚きませんでした。


何故ならT医はもともと「同窓が強い」という話で有名だからです。歴史ある私立医学部はKO、JK、J天堂、N医、N大…などと他にもありますが、他の大学ではあまり聞いたことのない情報でした。
「同窓が強い」というのは、つまり「OBからの口添えが受験に有利になる可能性がある」というわけです。


大変どうでもいい話ですが、

現在60近い伯父がかつて医学部を目指しているとき、祖父はT医出身の知り合いに「頼んであげようか?(勿論有料で」と言われたそうです。ということで昔からちょっとしたコネは横行してたのではないでしょうか。(お金のない祖父はお断りしたようです



自分が受験してからもう5年は経ちますが、未だに医学部受験というのはハードなようです。
コネもクソもないような家庭に生まれた自分としては「コネがあるなら使っとけ!」位の気持ちです。
(ただし今回は国まで関与するレベルなので流石にどうかと思います)


「医学部受験のコネ」というのは「一次をクリアした後の、二次の面接で有利」

程度かと思ってたんですよね。しかし今回のT医は一次の点数からアゲアゲしてるし、女性・多浪が一次の点数で不利になるようなきちんとしたマニュアルまであって…





「あ、徹底してるな」




という感想でした。


コネの話はここまでにして、女性(・多浪)差別について思ったことを書いときます。

今回たまたまT医が問題になってますが、これは全国見渡せば他にもやってる大学は確実にあります。どの程度露骨かはおいといて、断言できます。


この2つは性質が異なるので、まず多浪について。

「J大学は2浪以上には厳しい」とかいう噂は予備校でしょっちゅう聞きました。その噂は受験生なら多分みんな知ってるレベルで有名なやつでして、実際合格者は現役・1浪が多いわけです。



これを批判する医学部受験生、もしくは医学部在校生、医師って居るのでしょうか?



T医は「多浪生の方が留年率高いし成績良くないしゴニョゴニョ」的な理由を提示していましたが、これは大体正しいと思います。勿論多浪で入っても優秀な成績の方は居るので「大体正しい」という言い方にしました。

私立の医学部というのは国立より国家試験合格率をものすごく気にします。他の大学と比較してこの位の位置だとか、去年より下がったとか…こういう話を在校生の方は沢山されていると思います。当然高い水準で保ちたいわけです。



と考えると多浪の差別を悪!!とは言い切れないと思います。

実際、一次試験で現役、1浪のように点数を加算されなくとも十分に合格ラインに達する成績を修めた人は合格しているんでしょうから、優秀な人であれば浪人なんて関係ないんですよね。






女性差別  というのは世間を騒がせるにはいいネタでしたね。

色々な人がこれについて議論していますが、現場を知らない人の意見というのは何となく論点がずれているように思います。


T医の言い分は「女性が増えると医師の偏在が進む」的なやつ(うろ覚え)でしたっけ。


女性の点数を下げていたことに関してはフーン位の気持ちでしたが、「女はどうせ楽な科に行って、男に外科とか大変な科押し付けるんだろ」的なニュアンスにもとれてきて、僅かに、5秒ほどイラっとしました。


「そりゃそうだよ!!休み取れないところじゃ結婚・出産・子育てどころじゃないでしょ!!」


参考にわざと極端な例をあげます。

A科
女性医師が多い。若い女性医師はお化粧バッチリ、きらきらしてる。夜も遅くならずに帰れる。急変もない。毎年入局者も多い。家庭をもつ人が多い。

B科
男性医師多い。とりあえず忙しい。急変ある。女性医師は化粧とか殆ど無。男性医師は家庭をもっているが女性医師だと独身も多い。



A科とB科を比べて、どちらの科がQOLが高そうか、と言ったら一目瞭然。B科の先生は仕事にやりがいを感じている熱心な先生が多いかもしれません。しかし、結婚したい、子供欲しい、という女性には向いてない印象です。





よく分かってない人の意見で「医者増やせばいいじゃん」がありますが、これから人口減っていく一方なのに何言ってんだオメー、と思ってます。そして現時点でも東京なんかは医師過剰とされています。

「医者が足りない」というのは「地域、診療科で偏りがあって足りないところが出てきてしまう」という意味合いです。





T医はこの「診療科における医師の偏在」を懸念し、これをなくすために女子の点数を抑えた


これだけ見るとものすごく真っ当に思えてきました。これで受験料6万円でなければry


でも男性医師だからといって外科系に進みたい人ばかりではないでしょう。男性医師を増やせば何とかなる!って…本当か??という気持ちになります。




Twitterで多くRTされてたツイートで
「医療現場は過酷で、~~女性医師には向いてない それでは聞いて下さい 男性医師にも向いてない」

的な内容だったと思います。(ツイ主は男性医師

男性だから沢山働け、とか女性だからこの現場には向いてない、とかそういうことではなく、働きやすい環境を整えるということが必要になるんだと思います。


こういう話になると日本の医療制度根本から見直していく必要がある!みたいな話に落ち着いてしまうんですが、国の偉い方々は医療現場なんて当然知らないのだからほぼ不可能に近いんでしょう。









自分は結局何が書きたかったのか
というと


点数操作を行ってた大学の名前がオープンになるのが楽しみだな~


ではなく、



T医で行っていた女性差別に一理ある、と思ってしまった自分にがっかりした



というお話です。
2018-08-09 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大阪旅行

考古学部メンバーで卒業旅行的な感じで大阪に行ってまいりましたー。古墳巡りするのが目的だったわけですが。



履中陵。宮内庁で管理されてるため近くでは見れませんが。住宅地にぽんとあってびっくりしますた。











二日目は大阪城へ。人多くて暑かった。階段がきつくて歳を感じたり(;´Д`A




他にも仁徳天皇陵、いたすけ古墳など見に行きました( 」´0`)」仁徳天皇陵は大きかった。ビビった。いたすけ古墳の橋が壊れてて割と気になったので堺市さんにお電話しようかと本気で思いました。昔は墳丘に登れたのかしら。何で壊れたかとかいつ壊れたかとかの議論に走りました。



資料館とかで出土品見るのが楽しいわけですが、ベルトがあったんです。ちゃんとバックル部分があってオシャレでした。昔の人すげぇ…!撮影禁止だったのが残念でごじゃる…(´・ω・`)



また古墳巡りしたいです(・∀・)しかし京都も行きたい…うむむむ。
2013-03-24 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

てすてす

アメブロがやりづらいからこちらに移してみたものの使い方把握してなくて困る。


さっさと慣れたいです
2013-03-14 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

もひ

Author:もひ
梶浦さんの音楽が好きです。女子フィギュアスケートを観ます。

検索フォーム

QRコード

QR