スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

五輪代表となった坂本さんのこと

本日の記事の構成

1、「坂本花織って何者?」という質問に答えるときに1ミリ位は役立つであろう話
  ※主観的な話少な目
  ※スケートファンの方は知ってるよ!というお話です

2、今季のプログラムについて語る相手が居ない自分の為の文章
  ※主観しか入ってない

3、今後の坂本さん
  ※需要のない話




1、坂本花織選手
自分が最も好き、というより最も応援している坂本花織さんが

全日本フィギュアで準優勝

そして、

冬季五輪代表に選ばれました。

大変めでたいことです。応援している選手の努力が実った瞬間というのは、こんなに喜ばしいものなのか、と噛み締めています。



自分は自称ファン(の端くれ)ですが、応援し始めたのも去年の12月という、とってもあさーいファンなのです。悪い言葉で言うと「ご新規」の「にわかファン」なのです。

それでも長く応援されてきた方々に負けないくらいの気持ちで12月から応援してきました。(多分



全日本が終わった後の報道は「勢いのある坂本」「ダークホースの坂本」というのがメインで、スケートにディープに興味をお持ちでない方々の殆どは「ぽっと出の、実績が無い子」と思ったことでしょう。



違うんですよ!!!!!!



勢いはあります。しかし何故ぽっと出、と思われるのかというと
メディアが特別注目していなかったからなんですよね。
全日本Jrでも、世界Jrでも、シニアデビューも、本田さんの話題が多かったですし、



じゃあ実績って何?????という質問の為に。ジュニアからの彼女の実績。


2012~2013シーズン、小学校6年生、12歳でノービスA優勝した坂本花織さん。ノービスAは二年目です。当時一緒に表彰台に乗ったのは樋口さん(小6/11歳)、三原さん(中1/13歳)。

ここからジュニア4シーズン始まるよ!!('ω')ノ

2013~14 (中1/13歳)
全日本Jr 6位→全日本出場 15位 

2014~15 (中2/14歳)
全日本Jr 2位全日本出場 6位
世界Jr 6位                 
       
2015~16 (中3/15歳)
JGP 2位
全日本Jr 5位→全日本出場 13位
※3A練習や体系変化もあって疲労骨折したシーズン

2016~17 (高1/16歳)
JGP 2、1位 →JGPF 3位
全日本Jr 1位 →全日本出場 7位
世界Jr 3位                


「ジュニア4シーズンもやってるの?」「上手な選手は2シーズンでシニアじゃないの?」だなんて質問があるかもしれません。
しかし彼女はスケートでいう早生まれ(4~6月)です。シニアまでくると関係ないかもしれませんが、小学校~中2あたりまでは背も短い間にかなり変わりますし、色々難しい時期です。1歳、2歳近く上の人と同じ土俵に立たなければいけない事もあります。



ここまで見ただけでも、シニアデビューするにあたって注目されるべき、実力のある選手だとは思いませんか?
ジュニア最後のシーズンで、日本の多くのJr女子の中で1位、世界でも3位の実績ですから。

スケートファンの方ならノービスAで優勝した時から注目されている方もいらしたと思います。
ジュニア1年目から毎年JGPに派遣されていますし、全日本Jrで毎年6位以内で、毎年シニアナショナルに出場しています。




運命の2017~18シーズン!
7月、頭の週からアイスショーが3回連続し、末には岩手県で振付師を招いての合宿。ここで運命のSP変更。


スケートファンの中では今季の坂本さんのシニアデビューは注目されていたと思います…が、8~9月に掛けてのアジアントロフィー、サマーカップ、USで得点を伸ばせなかったので皆さんがどのような立ち位置で認識されていたかは分かりません。

(ここで国際大会に2戦出場したことでシーズンランキング上位に入ります)



GPS派遣メンバー9人の中で、ただ1人予選が免除ではなかった為に、10月~11月は2週間に1回試合がある、といったペースで駆けていきました。国内試合では、エッジエラーがあったり、鬼門のループが抜けたり、ステップが4に届かなかったり…と「完璧!」といえる演技にはまだ届かない状態でした。




そして

GPS6戦目 2位

となります。CSや国内戦と、GPSの点数は比べにくいのでGPS1戦目と比べると

   SP     FS
1 68.88   125.12  194.00
6 69.40   141.19  210.59




となります。スケアメにはメドベージェワ選手やザギトワ選手、オズモンド選手こそ居ませんでしたが、全日本前にこの成績を残せたという事で大きな脚光を浴びました…(日本の宮原選手復活Vの方が大きかったかもしれませんが

そして、GPF補欠2位というところまで登りつめたのが11月のお話でした。




そして12月、全日本。後はご存知の方が多いと思います。
抽選により、最終より1つ前の第4Gの最後に滑走した坂本選手は最後の30番滑走が終わるまで首位を守りました。


そして持っている坂本さんは24番最終滑走を引き、アメリを滑りきりました。
6分間練習では他の選手がジャンプを決める中、ループで何度も失敗し、(本人が)思わず苦笑いする場面もあったくらいでした。



自分は坂本さんはメンタルの強い方ではないと思っています。(ゴメン

けれど、緊張しながらも五輪代表を決める全日本の最終滑走で、ミスを抑えた演技を出来るのは素晴らしいことに違いありません。

どこかの記事で「強心臓」だなんて書かれていましたが、実際は「五輪へ行きたい」という彼女の純粋な強い気持ちが、形となって表されたのだと、勝手に解釈しています。
















2、\プログラムのことについて書き散らかす/


今季のプログラムは坂本さんにとって大挑戦です。

・初めてのリショー氏
・SPはすべて後半ジャンプ (昨シーズンは3Lo/3F-3T、2A)
・FSの後半ジャンプは5個へ急増 (昨シーズンは2個。単独ジャンプのみ)
・アメリの難解な繋ぎ、多数のマイム
・昨シーズンとカラーが全く違う


ざっくりです。「アメリ」は5月、「死の舞踏」は6月辺りに振付を行ったようでしたが、「死の舞踏」はコンボが前半であり、3Lzを入れられない為上位選手と基礎点において差が生まれる事が予想されました。
7月の合宿で1日で新SP「月光」の振付を終えた、という話も出ていましたね。



7月2週目のDOIで初披露となった「アメリ」には色々な声が飛びました。
曲も衣装も他の選手とはちょっと違った感じだったのを覚えています。日本の方々は「アメリ」というと、高橋さんのイメージが強そうです。自分は映画を見ていないので完全に「アメリ→高橋大輔」でした…



坂本さんが別の世界に連れて行ってくれるのか、

それとも別の世界にいる坂本さんを我々はスクリーン越しに見せられているのか。



初めて観た感想はこんな感じです。「何言ってんだww」とつっこまれそうですが、、、アイスショー特有のライトによる演出も一因かもしれません。気が付いたら最後の怒涛のスピンパートに入っていまして、ジャンプいつの間にか終わっていた…というくらいには意識を持っていかれました。


それだけインパクトのあるプログラムですが、これを競技でやるとなるとどうなるのだろう、という考えもありました。五輪シーズンといえば男子も女子も王道の曲だったり、歴代メダリストを振付した振付師にお願いしたり…というのが多いでしょう。



そこで坂本さんは「アメリ by リショー氏」でした。





リショーさんが外国で活躍されていることを知らなかった愚かな自分は戸惑いました。
しかも雑誌を読むと、リショーさんは最初から「坂本さんはアメリ」ということで選択権は無かったというではないですか!びっくり!


実際試合で苦戦している姿を見ていると、マイムが合っていない、とか、もっとスピード活かせるものの方が良かったんじゃないのか、とか色々悪い方向に考えてしまうんですよね。




そんな中シーズンは進んでいくわけですが、10月後半に出版された雑誌のリショー氏のインタビュー記事を読んだ時、少し反省しました。
(手元に今雑誌がないのでざっくりですが)

・自分から日本の連盟に日本選手の振付をしたいとアプローチ
・花織との出会いはジュニアワールド。
・公式練習で衝撃を受けた。
・滑り、ジャンプをべた褒め。「スペシャル」な存在
・(月光の振付を終えて、)「未知の存在」。「別の世界から来た異星人」

・「アメリは本当にいい選択だった」ドンッ



それまで出ていた記事は坂本さん目線だったので出会った経緯やアメリの話も省略されていたのですよね。

しかし、この↑言葉を振付師ご本人の口から聞いてしまったら、もう何も言えません。
アメリが本当に坂本さんにあったプロなのか半信半疑だった自分は、このリショーさんの無駄に強気な姿勢に心を打たれ、坂本さんと、その才能にほれ込んだリショー氏を信じようと決断しました(



シーズンはまだ終わっていないので、、私の(おせっかいな)心配は杞憂だった、と言うにはもしかしたら早いのかもしれません。

来年、どのような仕上がりを観られるのか楽しみにしておきましょう(((







3、今後の坂本さん(大変お節介な話)
来季からジャンプの基礎点が変更になります。

ネットでは4回転が話題になっていましたが3回転も下がります。

3A   8.5→8.0
3Lz  6.0→5.9
3F   5.3→5.3
3Lo  5.1→4.9
3S   4.4→4.3
3T   4.3→4.2


坂本さんの得意ジャンプ3Fは現状維持です(ホッ)。3A練習中というお話も以前ありましたが、3Aは0.5も下がっているのでうまみが減るように思います。

GOEの加点の幅が広がることも気になります。ジャンプの種類によって実際加点される点数が異なるというややこしい感じなので詳しく書くのはやめます(自分が理解できていないので


質の高いジャンプを跳ぶ坂本さんですので、この変更された加点方式によって他の選手と差をつける事ができるのか(現在と比べて)というのが気になるところです。



自分が永遠に気になりそう(失礼)なのは、ルッツのエッジでしょうか。これはルール改正関係ありませんね。
今や若手トップ選手の多く、また、ジュニアのトップ選手の殆どが3Lz-3Tを武器としています。(メドベージェワ選手、オズモンド選手、コストナー選手辺りは除く)

例えば
単純に計算してSPで3Lzの代わりに3Loを跳ぶと基礎点が1点少ない。

FSで2回3Lzを入れるのと2回3Fを入れるのとでは、基礎点が1.2点違います。(後半とか考えていません)


1点の捉え方は人それぞれだと思いますが、トップは0.〇点を競う世界ですから、どうしてもここは気になるポイントです。












長く書きすぎて締める場所が分からなくなりましたが

まずは四大陸。ここで結果を残して五輪へ弾みをつけたいですね。
そして団体戦。2人しか居ないのでSP、FSどちらかは確実に滑ることになります。
一時帰国
からの個人戦。全く予想できません(そりゃそうだ


坂本選手が活躍できる事を祈っています。
2017-12-28 : スケート : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

全日本フィギュアスケート女子

1年前あたりに何故かフィギュアスケートを観なければ、という使命感に駆られました。

因みにきっかけは全日本ジュニアの真凜ちゃんの写真だった気がします。経緯は謎ですが、綺麗な子がいつの間に、と思ったんですよねー。自分が地上波で日本女子の演技をチラチラ見ていたのも2010-2011シーズン位までで、全く存在を知らなかったので。


でも何故か真凜ちゃんの隣にいる明るい女の子に惹かれてしまい、JGPFでズブズブと。





全日本フィギュア23日、キョードーと戦って条件付きスタンドで観戦してきました。ジャッジ側、かつ割と真ん中だったのでジャッジへのアピールなんかもよく見えたのは良かったですね


印象に残った選手、好きな選手のメモ。((技術的なことは詳しくないド素人なので書きません。

・森下さん
江のテーマ曲。大河のOP!!と近畿で思った覚えありました。磯邉さんが去年龍馬伝だったかな
袖の広がりががっつりじゃなく、何となく和をイメージさせるのが素敵ー
動画で確認したいのに動画どこ…()
前半1,2の中ではスピードあっていいなあと思ったんです



・川畑さん
6練の時から目立ってましたーすんごいジャンプを跳ぶ川畑さん。3Lz(-3T)は彼女の武器だと思うし、このジャンプで世界を驚かせて欲しいwあっちでは3Lz-3T、今度はこっちで3Lz-3Lo????←綺麗に決まった時観客も「おお…」となっているのが分かりました。

コレオの関係か後半コンボが前半になってしまったみたいです。結構詰まりましたが中盤で決められることに驚き(^^;)プロトコル見ると認定されていました!!
後半ジャンプ乱れましたが、その後のステップは疲れを感じさせないぐいぐいスケート。こういう部分はコーチがアイスダンスの方だから?スピンステップ4取れてる選手がFS上位から見ていくと・・・・・・宮原、三原、坂本、樋口、本田、山下、川畑。

東京Bで2位、東日本5位、全日本ジュニア6位、全日本21位(SPの失敗悔やまれる…)と進んできた川畑さん。来季は強化選手にも入るでしょうし…選考会でJGPSの切符を掴んで欲しい!


・竹内さん
3Aに挑む選手として知ってはいましたが演技は初めて観ました。
せかせかした感じが無くて、ゆったりとした演技をするのがいいなーと。二個目に入れる3Aに集中しているせいか3Lz3Tが抜けたのが勿体無い…と思っていたら後半に鬼リカバリー(^^;)ジャンプの失敗さえ無ければもっといい点数出るのに…と言いたくなります。でも挑戦する背中はかっこいい!まだ高1なのでこれからが楽しみ。(スケート始めたのは8歳だとか。恐ろしい!


・荒木さん
JGPで好調だった分、世界ジュニアに行けないのは少し辛いですね。
SPはスピンでレベルをこぼしたりと緊張が目立っていたので心配していましたが…彼女の長所であるジャンプを活かせないのは痛かったです。国内でPCSが出ないのは西日本、全日本ジュニアで分かっていたので。SPでミスのあったスピンはFSでは大丈夫でした。最後のLSp大好物です。
ドラマチックな曲調なわけですが、手…というか腕をぱっと広げる動作があります。そこがどうも…ジュニア感満載に見えてしまうのです。腕が固めというか

全日本初出場ですし、プロの時間も違って対応しきれない部分もあったのだと思いますが(´;ω;`)JGPでまた活躍してくれることを信じてます!インターハイ出るのかな?配信頼む!



・山下さん
コレオからの3Lo最高でした。柔らかい動きに魅了されました!
坂本さんと同じく高さ・幅のあるジャンプを跳ぶ山下さんですが…フリーレッグ抜くのが遅い…わけではないんでしょうけど結構攻めてる(すれすれの意)ので、ヒヤリとしま。ほっとさせてくれる着氷でお願いします。
世界ジュニアでの活躍に期待してます!まずは全中かな??



・白岩さん
この曲を去年使う予定だった、というお話ありましたが…この曲難しくないか???曲調の変化も多いので掴みにくそう…
ちょこちょこ好きだなーと思う振付があって、ディクソン振付でした。紀平さんSPも不思議な面白い振りがあったので。現地で観ていても最後のスピンは回転が足りていない?感じだったので…もったいないいいい

今のSBだと来季GPS2枠ぎりぎりとれるかどうか、といったところになりそう。去年国体に出ていたので今年も出そうですが、国際大会はどうなるんでしょう



・横井さん
スタオベ不可避の演技でした。後半3Lz2本という高難度構成を決めてくるとは。最後の3連は決めたらかなりインパクトありますね!やっと観れた!
これを観てしまうと3Aが無くても…と思ってしまいますが(2度目
ステップでスピード落ちがちなのが気になるくらいでした。今年出場したJGPSよりは良かったんですけど、、、

あと1年ジュニアに残れますが、今年で何とかシニアに移行できるようないい演技に期待してます。世界ジュニアもGPFと違ってロシア3人しか出てこないので、入賞は狙いたいですね



ひとまず全日本感想はここまで。その他五輪については記事別でメモします
2017-12-26 : スケート : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

GPF、JGPF

とても親切な方にお譲りいただいたので12/9行ってきました。

もうこの日のチケットが欲しくて欲しくて…なのに一次抽選申込み忘れた(試験期間だったので←言い訳)為、もう3次抽選落ちてた時はズド-ン



何故こんなに行きたい行きたい騒いでたかというとJr女子が観たかったのです。




1日経つと忘れる仕様なのでメモとして残します。ド素人感想ハジマルヨー


☆パネンコワちゃん
ロシア女子クラスタの中では「絶対転ばないマン」で有名だったようで。JGPで転倒した時超話題になっていた、というレベルの彼女

現地で観てもそのジャンプは正確。

しかしJ1組に圧倒的に負けてる感が辛い…



☆サモドゥロワちゃん
SPのゲテモノ感(好きです)

JGP2戦制してる彼女ですが…いざエテリ組と並べて観てしまうと物足りない感…いや求めるレベルが違うだろって自分にツッコミ

FSに3-3入れてないの何でだろうとちょっと気になっていた。シークエンス跳ぶ選手って今殆どいないし珍しい

SP動画見たら腕のちょっとした動きとかリーザぽい。来季シニアにあがるんでしょうか


☆紀平ちゃん
3A3T決まったのでよし!

その後の抜けが/(^o^)\
PCSは評価されているのでTESが出ないとなかなかロシアに勝てないのでしょうね…
3A3T以外で何処かに3T付けられたら良いんですが…難しい。3-3を問題なく跳べる梨花ちゃんだからこそ入れて欲しい(´・_・`)

JWまで時間あるので心配ない!
代表決まっているので全日本はシニアの中に割って入る展開に期待してます


☆タラカノワ
身長がちょっと伸びたような?
ジャンプがたまに
2017-12-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

angela大阪

行って参りました大阪~人多いな~

何気に東京以外の遠征は初めてでして、そして野外ライブ初めてでして



angelaすげー!という感想しか出てこないライブでした。angelaはまだ2回目なので緊張して臨んだわけですが…そんなの関係ない感じのライブでしたw

今回自分なりに思ったangelaライブ持ち物

1拳
…必須。腕は筋肉痛。

2タオル
…ほぼ必須。シャングリラ1曲のみですが。今回は特に講座無しでした

3angelaビーム(キンブレとかそのへん)
…ライブハウス以外では使うとご本人も言ってますね。無くても良いけどあった方が絶対よさそう。今回は辺りが暗くなり始めてから使用。今度もう1本買おうかしら()

4笛
…シドニアの曲以外でも使ってましたねーこれはビームほど持ってる人は居ないみたいですが

5扇子
…是、夏祭りと二十四節気恋唄で使ってました。あった方がいいなーと買わなかった事を後悔。ビームで代用しました。



物販はパンフ、タオル、Tシャツ、トート、笛を購入…angelaビームは金欠なので止めました!笑
去年のサーカスから三連続で出てますけど、河口湖と今回のは大きめ?ですね?
サーカスのは耐久性はダメそうですが、、、予約機能とかあるし全然問題ないです。



★曲部分覚え書き
1、Come On

2、Jump up!

3、ストーリーが始まる(振付あり)
atsukoさんが上京して初めてバイトした銀座コージーコーナーのお友達、「ミホちゃん」が考えてくれたそうで。インディーズの時から長く歌ってる曲だとのこと。これ新生活始める時に聴きたい1曲ですね。応援歌てきな。

4、花のように
(初めて聴いた)

5、僕じゃない
これこんなかっこいい曲だったのか…と新発見がありました。前奏でKATSUさんが声入れててなんだか萌えた。わけがわからん。

6、シドニア
熱い。

7、愛すること
アコギが出てきたので「あ、これ来る」と察しました。「2度と朝日を見る事無く」の歌詞がやっぱりぐっと来る…

8、少年時代(カバー)
「angelaってカバー少ないんですよ~自分達の曲が多いから笑」だそうです。女性が歌う少年時代もいいですね。愛すること、からいい感じに繋がれてました


9、EIEIO
(これアルバムで聴いた時はそんなピンときてなかったのですが)
ライブで聴くと印象変わりますね

10、Shangri-La(タオル)
タオル。

11、KINGS(振付あり)
ビームはほぼ赤。サビの振付熱かった。

12、DEAD OR ALIVE
ビームはほぼ青。

13、ホライズン
ビーム赤と青が混ざってましたね。ケイ素四天王。ファフナーのEDはしっとりが多いですが、ホライズンは何か熱い。ライブで聴くと更に熱い。

14、愛、ひと欠片
中盤から割と激しめだったのでゆるりと。

15、KIZUNA
ビームはやっぱり赤…なんですが前の方に色変わるやつ出してる人いました。DifferentColors的なやつですかね

16、是、夏祭り(扇子)
ダンサーさんも法被着てお祭り感たっぷりのカーニバル。

17、二十四節気恋唄(扇子)
なんでかピンクが多いしピンクを自分も出した。多分サーカスでステージのライトがピンクだったような…。扇子いいっすね。

18、騎士行進曲
ビームはほぼ赤。敬礼かっこいい。ステージ横に見えるスタッフさんも敬礼してるのが可愛いw

アンコ-ル

19、That's Halloween(振付あり)
スタッフさんまで出てきたこの曲!楽しそうだし、しかもスタッフさんがangelaの以前の衣装(ライオンとか)着てて熱かったw
atsukoさんの猫かぼちゃがめちゃくちゃ可愛い。
振付も可愛めです。入れるタイミングを歌いながら細かく指示してくれるatsukoさん。

20、僕は僕であって
ジョルノの声もサビは結構入ってます。カッコイイ曲です

(六甲おろし)
奈々さん…w雨は降ってないけどね!


☆MC部分覚え書き
atsukoさんのなりすましから始まるライブ。
NMB48だそうです。たこ焼きレインボーズだそうです。

「初めての人ー?」で後ろの方でちらちらと。前はガチ感半端ないっす。

昔は車で移動する事も多く、その車がしょっちゅう壊れていた。

ある時KATSUさんが赤坂を運転してる時に運転席の下からボンッて音がして、爆発した。

飲み会でその話をするKATSUさん。
「でさ~俺はその時『JAL』呼んだんだよ!」

飲み会で一同爆笑

皆が爆笑し過ぎて、その話の続きが話せないKATSUさんはちょっとイライラ笑


JAFに結局運んでもらうが、めっちゃ斜めになった自分の車に乗らなきゃいけなかった…

というお話w

「武道館に、友達連れてきてくれるよね~?」
「いいともー!」

雨は降らなかったけど、このライブのこと忘れないでね!





angelaは、ファンをすごく大事にしてる、てのが伝わってきますね。下積みが長かった、とかそういう部分も関係してるのでしょうか。

ファンクラブ限定の武道館決起会はangelaが昔よくライブしていた池袋店のライブハウスで1/21~23開催されるそうで。

武道館てやっぱり喜ばしい事なんですが、ファンの中には「小さい所で近くに感じたい!」てのもやっぱりあるだろうし、、そういうのを汲んでのイベントなのでしょーか。

決起会と銘打って開催してくれるの嬉しいですね!しかも3日間!


あ、ファンクラブ入りました。物販出た後、目に入ったので…入らずには居られなかったw
2016-10-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

FJC会員が選ぶ(略

最初全く行くつもりのなかったのですが、またやってきてしまいましたー。羽田に17時に着くというギリギリっぷりで、空港をガチ走りしたのは初めてです。普段走らないのですっころぶ寸前!



自分が投票したのは
heigen
inside your heart
A shadow

でして、まあ一個も50位以内にも入っておりませんでした。inside~は来ると思ってたのですが…wでもそこらへんは関係なく楽しかったです。他の方が聴きたい!と思ってらっしゃる曲を知れる機会はなかなかないので、ついったで投票した曲見るのも面白かった。




以下簡単にメモてきな個人的な感想




最初にどーんときましたcontractor!KajiFesのライブ音源のやばいやつです。伊東さん?の部分をゆり姉が歌っているので微妙な違いもありましたが…何よりもカッコイイ。contractorの見せどころ…というとあのけいこさん。やっぱりカッコイイ。


vanity。悲壮感漂うわかなさんの歌声が印象的でした。

lirica。まさか聴けるとは。ふぃな入っててよかった

凱歌。影の女王的な何かをけいこさんから感じます。CD音源よりはっきりとけいこさんの低音が耳に残るので、、、これちょっと意外でした。

edge。実は初めてでした。イントロからかっくいいのではっとする曲でした。けいこさんが特に前のめりで、わかなさんのアツイ声も聴けたり、自分にとって新しい曲でした。帰ってから原曲聴いてみました

黄昏の海。アルバムでぼちぼち聴いていたのですが、ゆっくりのメロディーなのにじわじわと熱を感じました。始まってから、サビ以外のところ誰が歌うんだ?と思ったのですがかおりさんわかなさん…でサビはわかなさん以外三人メインって感じでしたかね…あ、回すのかーて思ったような…

宝石。ヘンな声出そうでした。すごく当たり前のことですけどアルバムより更にいい歌い方になっているような…気がした…何年もたってるから当然のことかもしれませんが。あの深みのある声がたまりません。かおりさんとのサビが最高です。個人的にサビ前に入るあのコーラスの異次元な感じが好きだったので幸せでしたいろいろ

in the land of twilight, under the moon。好きです。好きです。

光の旋律。ふぃな曲の中でこの曲普段あまり聴かないのですが…ライブでのいとおしそうに歌う表情がすごく好きです。特にひかるしゃん。

MADLAX mix。あ、まじかーてなった曲です。入れるか迷った一曲なので。個人的に異世界に連れていかれそうな曲だと勝手に思っていたので、本当にゆうかさんの声がすごくて。ゆうかさん初めてマンでしたので尚更に…。MADLAXサントラ好きなので嬉しい時間。

everlasting songs。んごお。ライブ盤と同じ編成なのであ、これこうだな?みたいに予測できた曲ではありました。最初のなが~いコーラス聴きたかった思いもあります。流石に時間的に厳しいでしょうが><この曲で一番好きなのはゆり姉の「君のために~」なのです。理由は力強いから!四人で歌う日本語曲で、かつゆり姉が一人で日本語歌ってる部分てそんなにない(と思う)のですが、いつものコーラスとは違った強いかっこいい感じがぎゅっとあの中に詰まっていて…いいなあと思ってます

in the garden of~。音楽集聴いたことないので初めてでした。持ってるサントラのどっかに似たような感じのはあったようななかったような…。らっきょのサントラは独特なあの世界観をすごく映し出していていて、聴いているだけで小説の内容を何となく思い出せてくれるので、初めてだけども初めてじゃないような気分で聴いてました。クライマックスどーんみたいな曲でちょっとひやっとしながら聴けた曲です

アレルヤ。これもかなり意外…普段あまり来ない曲が多く入りそうなので。ふりしぼって。は本当にふりしぼってました。MCでふりしぼるポーズを気合い入れてやってくれるひーさん可愛過ぎました。ふりしぼってます!なひかるちゃん。

obsession。あの始まりの「ナー」「ナー」みたいなのが聞こえてきてキター!となりました。この「ナー」は誰かの声とかじゃなく機械で出してますみたいなお話もありましたね。四人の歌声であっという間に違う世界に魂もっていかれましたとさ

目覚め(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)FJの曲にも手を出し始めた頃、ライブ盤のをよく聴いていました。elemental福岡で聴けたのが本当に嬉しかったり、わずかに思い入れのある曲でした。原曲は勿論好きです。けどこのライブバージョンもやっぱりかっこよくて…。あ、間奏ヴァイオリンもたまりません。これ入ってたのも意外でした。

MATERIALISE。ゆり姉ー!MCで梶浦さんがやばい音出してるんですよ~的なことを(もう忘れた)おっしゃってましたね。中高で見てきた合唱曲ってソプラノでもミ~ソあたりで止まってましたが、そのさらにさらに上をいくゆり姉の歌声…。ラスボス…

nowhere。盛り上がりました。煽るゆうかさんお可愛らしい…。さっきとは違ってここで低いコーラスを入れるゆり姉…

暁の車(´;ω;`)(´;ω;`)カガリさん(´;ω;`)(´;ω;`)なんだかんだで種好きなので嬉しかった。一番最初に聴いたゆうかさん曲だと思うのでたぶん。ギターラの発音というか言葉とあの優しい声の重なりがたまりませんでしたでございます

ストンコ↑↑↑↑最高です。最高です。四人もノリノリ、お客さんもノリノリ。でもこれなんで二位なの(

あんなに一緒だったのに。ED映像がぶわーっと頭で流れていきました。六人とか豪華過ぎますね。2番サビ後のあの追いかけっこみたいな部分()のフレーズをそれぞれ違う歌い手さんが歌っていたのですが、そこはかなり新鮮に思いました。いや、全て新鮮でした。改めてこの曲は名曲なんだなと実感いたしました。君の姿の方も聴きたい。

the world。梶浦ワールドとかけてたみたいですね。

zodiacal sign。これまた久々なのであの宗教的な動きに違和感が…

sing a song。ツイート通り来ましたね!2013以来やったことあったのでしょうか。花火打ち上げたい気分でした。心の花火は打ちあがってました完全に。




ファン歴浅いのと去年のYKライブ行ってないのとで,
目覚め、zodiacal sign、凱歌、ストンコ、sing a song、光の旋律、アレルヤ以外初めてライブで聴きました。挙げたのも二年前のelementalが多いですし、ほぼほぼ初めて聴く曲ばかりみたいな感じです。
ストンコはアニメ全然だった(失礼)のに曲はこんなに人気になっちゃって…アニメ観てない方に是非観ましょう観ましょうと呼びかけたい気分。セイクリの放送時のCMで綺麗なお姉さん(わかなさん)にぽっ…てなったのも懐かしい。それですぐにはまったわけではないのですが( 

FJのタイアップ曲はもう出ないのだろうか。はー…


まとめると

何が来るか分からないドキドキ感、初めてのドキドキ感…いい思い出になりました。諦めずにギリギリで駆け込んでよかったー('ω')


次はYKライブ最終日。初めて大阪でライブに行きます。東京公演は無事行けなくなりましたので!
Remiさんが加わってどんなライブになるのか楽しみですねー寝ないようにしry
2016-03-06 : 三次元 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

もひ

Author:もひ
梶浦さんの音楽が好きです。女子フィギュアスケートを観ます。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。